スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄人3

アイアンマン3、見ました(唐突
前置きナシで本題に入らせてもらいますが、先輩がアイアンマン3のDVDを買ったぞーと言うので早速借りました。無印と2は同級生の友人から借りてます。
まあ面白かったっちゃ面白かったっす。でも無印を初めて見た時くらいの衝撃とショックはありませんでした。なんか勢いというかパンチがない感じでしたね。

以下盛大にネタバレ成分含むので続きから。
アイアンマン3はアベンジャーズのその後ということで…アベンジャーズ先に見ればよかった。まだ見てないんですよ。TSUTAYAでレンタルしようと思いながらも。あとパシフィックリム見たいっす。

えーとですね、まずアイアンマン3は無印や2と比べると面白いシーンが少ないんですよ。具体的に言うと…
・トニーがスーツを着て戦うシーンが少ない。
・ローディがスーツを着るシーンはあるが一度も戦わない。
・スーツ(新兵器)開発シーンがない。
・敵がスーツを着ていないし、そもそもスーツを着なくても圧倒的な強さを見せる。
・超能力的なものが存在している。

超能力的なもの、というのはもちろんあれです。赤いやつ。あれって個人差があるんですかね?あの飛行機の中でMk.42に腹ぶち抜かれて死んだやつもいれば、ペッパーやラスボスなんて高いところから落ちたし火にもあぶられたってーのに生き返るし。どういうこっちゃあ。あと身体能力もすごいことになってた気がします。スーツに掴まれてもびくともしないくらいの筋力もあったみたいですしね。

個人的には、無印ではスーツの開発(洞窟のMk.1もラボでのMk.2も)シーンと後半のバトルとがすっげえ面白かったんですよ。それ以外の余計な色々な話し合いのシーンとかも少なかったですし。土曜プレミアムで初めて見たときは感動しましたね。いくつかシーンカットされてましたが。

2では自暴自棄になっちゃったところからの復活、新元素の開発とかローディとの共闘とか。あとケース型スーツの装着シーン、ローディと共闘するときに手の甲からビーム出して一掃するシーンとかは鳥肌もんでしたね。

3は…最初のMk.42装着、家が爆破されるときのMk.42装着、アイアンマンシリーズが応援として駆けつけたシーンとか、次々とスーツを抜けては空中で装着するシーンとかはかっこよかったですよ。面白いシーンが全くなかったわけではないですね。敵アジトに生身で入ってスーツで出てくるところはかっこいいというか笑えましたw


無印見ながらこの記事書いてますが、やっぱりスーツの開発が一番面白い!あのラボが吹き飛んじゃったのは悲しいですね。


あと、DVDを持っている方におすすめなのは、英語音声、日本語字幕で見ることですね。吹き替えの藤原さんとはまた違った良さがありますよ。
例えば、テストフライトで上昇し過ぎて凍るシーンとかは

日本語「どこまで行けるか見てやろう。最高高度の記録は?」『ブラックバードが記録した、高度8万5千フィートです』「記録は破るためにある!」『パワードスーツ、氷結の可能性があります』「行け!もっと高く!」

英語「All right, let's see what this thing can do. What's the SR-71's record?」『The altitude record for fixed-wing flight s 85,000 feet, sir.』「Records are made to be broken. Come on!」『Sir, there is a potentially fatal buildup if ice occurring.』「Keep going! Higher!」
和訳「性能を試そう。SR-71の最高速度は?」『固定翼機の最高高度は85000フィート』「その記録を破るぞ!」『氷結が起きて故障の恐れが』「上昇しろ!もっと高く!」

英語で聞くのも新鮮でいいですよー。聞き取れればもっと楽しいと思いますが。


以上ですねー。いやー、3でトラックに乗ってデータを落とすときに、「俺あんたの大ファンなんです!」って歓喜する若者がいましたが、僕もそうなっちゃいましたね~。やっぱりアイアンマン、かっこいいです!3の最後にTony will returnってあったから4くるのかな?The finalみたいな感じで。楽しみです。

それでは。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。